福祉をしようよ〜!!

介護福祉士問題9−7日で5問−    2009.7.3


ここで、質問をして下さい!


「本当にこの資格を取りたいのか?」「なぜ、この資格を取るのか?」「この資格を取って何をするのか?」


もし、この3つの答えが明確なら、必ず資格を取得できるはずです!

もし、答えが見つからなければ、何度も質問してみて下さい!
答えが見つかれば資格は取得できたも同然です!


では、解答です。


【障害者自立支援法】

次の記述で適切なものには○を、適切でないものには×をつけて下さい。



1.この法律は、平成17年10月31日に成立し、平成18年4月より施行されている。
→○



2.この法律は、社会福祉法の基本理念にのっとり制定されたものである。
→×
解説:障害者自立支援法第1条に「この法律は、
障害者基本法にのっとり、・・・・・・」と規定されています。社会福祉法ではなく障害者基本法(昭和45年5月21日制定、平成16年6月4日改正)です。



3.この法律は、身体障害・知的障害・精神障害の3障害の
障害者施策を一元化している。
→○



4.この法律では、支援の必要度に関する客観的な尺度(
障害程度区分)が導入されている。その区分については、調査を行い、市町村審査会での総合的な判定を踏まえて市町村が認定する。
→○
解説:障害程度の区分は、
非該当、区分1〜6に分類されます。



5.この法律では、利用者の費用負担は、応能負担を原則としている。
→×

解説:障害者福祉は、従来所得に応じて利用料が決定していました。この法律では、サービスの利用量と所得の両方に着目した負担の仕組みとなっています。


さて、何問できましたか?



 
介護福祉士の講座案内を無料一括請求
介護・医療・福祉に関する資格講座を取り扱っているスクールの資料を、
無料で一括請求して比較検討していただくためのサービスを提供。
「通信コース」「通学コース」あり。
 
介護福祉士の資格をとるならケア資格ナビで!
介護・福祉・医療の資格の内容や取得方法をナビゲート。
全国の資格講座を開講しているスクールから、気になる資格の講座を
簡単に一括資料請求。全て無料
 
介護と医療を学ぶならニチイ学習から就業までをトータルにサポートします。
介護現場からの声は即、教育現場にフィードバックされ、「働きながら学ぶ」
忙しい受験者に最適な教育システムを作り出しています。
  

|介護福祉士問題集へ戻る  |トップページへ戻る